仲介手数料が最大無料ってあやしい?仕事内容と解決策!

 

日頃皆さまからたくさんの応援メールやLineをいただいている中井不動産ではありますが、その中でも多くのお客さまから『仲介手数料を無料になんてできるの?』『やっていけるの?』というご質問をたくさんいただいております。そこで今回は、お家やマンションなど不動産を購入・売却するときの仲介手数料を抑えられる理由をお話ししたいと思います。この内容をお聞きになっていただければ、『なるほど。そういうことか!』とご理解いただけるかと思います。

目次

まずは、

一般的な不動産仲介業者の仕事の流れ

下記に不動産仲介業者の仕事内容をまとめました。

  1. 集客
  2. お問い合わせへの応対
  3. 物件のご紹介・提案
  4. 購入に向けての交渉
  5. 住宅ローン手続き
  6. 売買契約の準備
  7. ご契約業務
  8. 決済準備
  9. 残代金決済・物件の引き渡し

これらの内容を下で詳しくお話ししたいと思います。

1.集客

集客と一言で言っても、いろいろありまして

〇チラシ作成とポストへの投函
〇週末の折込広告作成と専門業者への依頼
〇自社ホームページや不動産ポータルサイト(スーモやアットホームなど)への掲載
〇週末のオープンハウス・誘導看板などの設置や現地待機
〇店頭POPの作成と掲示

などなど、お客さまがいなければ仲介手数料もいただけません。

2.お問い合わせへの応対

もちろん、上記集客活動のチラシやネットでご覧いただき、お問い合わせいただいた物件のご紹介や説明、内覧や資金計画などを行います。

3.物件のご紹介・提案

お問い合わせいただいた物件だけで納得していただけるのであれば、こんな楽な仕事はありません。大きなお買い物です。お客さまからお聞きしたご希望の内容をもとに、レインズなどを通してご納得いただくまで、他物件もご紹介・提案いたします。

4.購入に向けての交渉

納得するまでご覧いただき、ご希望の物件がみつかれば、買主さまが少しでも良い条件で購入が出来るように交渉を行います。この交渉内容で売主買主双方が納得いただければ、ご契約に向けてすすみます。

5.住宅ローン手続き

お家やマンションなど不動産を購入するときに最も重要な要素の一つが住宅ローンです。どこの銀行でいくら借りられるのか?金利は?など。
お客さまの自己資金や年収、ご希望のお支払いなどの条件をお聞きし、最適な金融機関のご紹介や住宅ローン手続きなどの全ての実務を行います。

6.売買契約の準備

物件も納得され、住宅ローン審査が通れば、対象物件の重要事項説明書及び契約書の作成、領収書や印紙などの用意をします。

7.ご契約業務

ご契約の当日、売主買主双方立会いのもと宅地建物取引士による重要事項説明書のご説明と契約締結。契約手付金等の授受、必要書類に署名押印、住宅ローン本申し込み等を行います。

8.決済準備

銀行での金銭消費貸借契約や取引の準備などを行います。

9.残代金決済・物件の引き渡し

指定の金融機関で残代金や諸費用のお支払い。対象物件及び鍵の引き渡しとなります。

 

このような流れが一般的な不動産仲介業者の仕事内容になります。

仲介手数料最大無料にできる理由

ここからがポイントで、実はこの上記仕事内容のうち1.集客~3.物件のご紹介・提案だけですべての仕事内容の6割近くの時間と労力を使っているのです。

そして、何より大事な経費はと言いますと・・・なんと1.集客だけで全ての経費の9割近くを使っているのです。
(当たり前のように見るネットや折り込み広告などの不動産情報には、とんでもない経費がかかっているんですね)

つまり、お客さまが支払われる仲介手数料のほとんどが、仲介業者の集客費用になっているということなんです。

中井不動産では、このように不動産業者が一番大変な1.集客~3.物件のご紹介・提案をお客さまに応援いただくことによって、4.購入・売却の交渉以降の内容に特化し、質の高いサービスを提供させていただくことにしました。

何より、お客さまに応援いただくことで、お客さまは仲介手数料を抑えることができ、お互い大きなメリットがあるのではないかと考えたからです。

ですので、中井不動産では『仕方なく仲介手数料を最大無料・半額にしている』わけではなく、宅地建物取引業法上の正規手数料上限をいただかなくても、私どもにも非常に大きなメリットがあるということをお伝えしたかったのです。

このスタイルが、お客さまがインターネットを通して、溢れるほどの情報を手に入れられる時代に沿った形ではないかと考えています。

一般的な不動産仲介業者の集客に費やす『労力』『時間』『経費』をお客さまに応援いただくことで、お客さまに最大限還元させていただけます。

それでも『まだなんか怪しい』というか『不安』な場合

それでも『まだ怪しい』『不安』な方には不動産購入に必要な経費とは?をご覧いただいております。

上から
登記費用→司法書士の先生へ
保存登記、移転登記などは担当の司法書士の先生へ。請求書・見積書などはお客さまにご覧いただいております。

表示登記→土地家屋調査士の先生へ
表示登記は担当の土地家屋調査士の先生へ。請求書・見積書などはお客さまにご覧いただいております。

固定資産税日割り精算→売主さまへ
公課証明等により税額は確定しております。日割り清算でお支払いいただきます。

金融機関手数料→住宅ローンを支払う銀行へ
金融機関によって多少の違いはありますが、金融機関ごとに決められております。

金融機関保証料→住宅ローンを支払う銀行へ
金融機関や申し込む商品によって多少の違いはありますが、金融機関ごとに決められています。

印紙代→契約書に貼ります
契約書に貼付する印紙は1万円、金銭消費貸借契約には2万円等法律で定められています。(契約金額によって異なります)

火災保険料→保険屋さんへ
火災保険料は加入する保険会社・商品によって変わります。お客さまご自身で選ばれたら結構です。

つまり、これらは不動産業者によって金額の違いが出るものではないということです。

不動産業者がいただくものとしましては、下記の2つになります。

仲介手数料→記載の通り、中井不動産では最大無料・半額でお手伝いさせていただきます。

住宅ローン事務手数料→記載の通りで、中井不動産ではいただいておりません。
『事務代行手数料』『斡旋手数料』などいろいろな呼び名があります。一般的に10万円の業者が多いのですが、中には20~50万円と請求してくる業者もありますので、お気を付けください。

是非一度、諸経費お見積りをしてお客様ご自身の目で確かめてください。

 

仲介手数料最大無料・半額!大阪,茨木市,高槻市,吹田市,豊中市,北摂エリアで一戸建・マンション・土地を探すなら中井不動産をご利用ください。新着物件を年中無休で毎日更新しています。『お得で安心!』お客さまが納得される住まい探しのお手伝い、全力でサポートさせていただきます。

お問い合わせ

朝9時〜夜10時まで年中無休で対応してます。不動産に関するあらゆるご相談・ご質問はお気軽に中井不動産までお問い合わせください。

【電話/LINE】9:00〜22:00/年中無休
【メール】24時間受付中/年中無休