住宅ローン

住宅ローンとは、お家やマンションなど不動産の購入や新築・増築などの資金として金融機関から借りる融資のことです。
住宅ローンを借りるには、通常、一定の基準があります。また、土地や建物などの融資対象不動産に担保として抵当権といわれるものが設定されます。

住宅ローンの種類

住宅ローンの種類は、民間金融機関によるものと民間金融機関と公的機関の中間的な『フラット35』による融資があります。
ここ最近では、近くの銀行以外にインターネット専門の銀行で融資を受けられるお客さまも増えてきています。

住宅ローンの商品内容は融資先銀行やお客さまの属性などで変わってきますので、担当営業マンにしっかり確認することをおすすめします。

ローンシュミレーション ※3000万円借入/35年ローンの場合

一般的に、お家やマンションのローン期間は35年という超長期になります。
金利が1%変われば支払総額も数百万円変わってきます。

例:
3,000万円の借入で35年返済 金利1%とすると(元利均等返済)
月々のお支払い 約84,685円
支払総額    約35,567,700円

3,000万円の借入で35年返済 金利2%とすると(元利均等返済)
月々のお支払い 約99,378円
支払総額    約41,738,760円

借り入れ3,000万円のケースであれば、金利が1%変われば月々約1.5万円、支払総額に関しては約600万円の開きが出ます。

長い時間頑張って貯めた預貯金も、金利の上昇で簡単に無駄になってしまう可能性もありますので、是非、チャンスをものにしてください。

民間金融機関の金利の推移

下に民間金融機関の金利推移表を載せてみました。
長い間、金利に大きな動きがないですね・・・

参考にしてみてください。

民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)※引用元:住宅金融支援機構

不動産用語特集

不動産に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。072-647-6179年中無休/受付時間 9:00-22:00(メール:24時間受付)

お問い合わせはこちら 年中無休/9:00-22:00