購入申込

お家やマンションを購入したいとき、売買契約の前に売主さまに価格交渉の内容や契約日時、署名押印など購入希望の意思表示をします。

『買付証明(かいつけしょうめい)』、単純に『買付(かいつけ)』とだけ言うこともあります。『こういう条件であなたの物件を買いたいのですがご検討頂けませんか?』という買主からの明確な購入の意思表示です。

意思表示に過ぎませんから、極端な話、5,000万円の物件に対して4,000万円で買いたいとメッセージを送ることは可能だし自由です。ただ、売主または売り手側の仲介業者が、その申し込みを受け付けてくれるかどうかは別問題です。提示した金額によっては交渉のテーブルにも付けません。売主さまに交渉の余地などを確認しておくのも大切かもしれません。

また、購入申込書には法的な拘束力は一切ありません。
ですから条件通りになったとしても、申し込み後、何かしらの理由でキャンセルしたとしても、金銭的なペナルティは一切ありません。

しかし、購入申込書を提出するということは、条件がまとまれば、必ず買いますという正式な意思表示で、非常に『重たい』ものです。
話がまとまった後でのキャンセルはルール違反であり、マナー違反にあたります。決して安易に書いてよいものではありません。

ご購入希望のお家やマンションを現地でしっかり確認し、支払総額や月々のお支払額、必要な経費など詳細を把握し、すべてが納得できれば購入の意思表示を売主さまにできるということです。

不動産用語特集

不動産に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。072-647-6179年中無休/受付時間 9:00-22:00(メール:24時間受付)

お問い合わせはこちら 年中無休/9:00-22:00