媒介契約

『媒介』とは、中井不動産のような宅地建物取引業者がお家やマンション、土地などの売買・交換や貸借に関して、当事者双方すなわち売主さま(貸主)と買主さま(借主)との間に立って、売買契約や賃貸借契約の成立に向けて尽力する行為、つまり両者の間をなかだち(とりもち)することであり、『仲介』ともいわれています。

お客さまがお家やマンション、土地などの売買・交換または貸借の媒介を業者に依頼し、業者がこれを承諾することによって、お客さまと業者との間に一定の契約関係が生じます。このときの依頼契約を『媒介契約』といいます。

この媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類あり、契約の内容はそれぞれ異なりますが、どれを選ぶかはお客さまの自由な選択に任されています。

媒介契約の種類

専属専任媒介契約

お家やマンション、土地などを媒介依頼した不動産業者1社以外は、重複して媒介を依頼することはできません。
また、お客さまは自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)についても、依頼した不動産業者を通さずに売買契約を締結することができません。
この媒介活動の全てを1社に任せる契約を『専属専任媒介契約』といいます。

また不動産業者は、依頼を受けた媒介物件を媒介契約締結日の翌日から5日以内の範囲で不動産流通機構(レインズ)に登録の上、業務処理状況を1週間に1回以上お客さまに報告しなければなりません。

専任媒介契約

お家やマンション、土地などを媒介依頼した不動産業者1社以外は、重複して媒介を依頼することはできません。
ただ、お客さまご自身で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、不動産業者を通すことなく契約することができます。
この媒介活動を1社に任せ、自己発見取引を可能とする契約を『専任媒介契約』といいます。

また不動産業者は、依頼を受けた媒介物件を媒介契約締結日の翌日から7日以内の範囲で不動産流通機構(レインズ)に登録の上、業務処理状況を2週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。

一般媒介契約

お家やマンション、土地などを媒介依頼した不動産業者を重複して媒介を依頼することができます。
また、お客さまご自身で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とも、不動産業者を通すことなく契約することができます。
つまり、媒介業者を1社に限定せず、自己発見取引も可能とする契約を『一般媒介契約』といいます。

また不動産業者は、依頼を受けた媒介物件を不動産流通機構(レインズ)に登録したり、業務処理状況を報告する義務がありません。

媒介契約を結ぶときの注意点(売る時)

媒介契約を締結する前に、以下のような点について必ず確認しておきましょう。

売主さまの希望条件をしっかり伝える

売却希望価格、売却時期、売却活動方法などの希望をしっかりと不動産業者に伝えるようにしましょう。
売却代金の資金計画、引っ越しの時期、広告宣伝の可否(ご近所にお住まいの方に知られたくないなど、広告を控えることもできます)など、ご自分たちの事情をふまえ、不動産業者と十分に話し合いをした上で、最終的な条件を決定してください。

媒介(仲介)業務の内容をしっかり確認する

不動産業者が提示した仲介業務の内容を再度しっかり確認しましょう。
受けられると思っていたサービスが受けられなかったということにならないよう注意してください。

販売活動の内容は

レインズへの登録の有無、折り込み広告の頻度や内容、インターネット広告の掲載内容、担当営業の活動内容など、どのような販売活動が行われるのか確認してください。
媒介契約前に、販売活動方針を協議しておきましょう。

活動報告の内容と時期は

専属・専任媒介契約等を締結する場合は、不動産業者による販売活動の状況を報告することが、宅地建物取引業法で決められております。ただし、形式的な報告では具体的な活動が把握できず、不動産業者に不信感を持つことになりかねませんので、具体的にどのような報告があるのか、確認しておいてください。
一般媒介契約の場合、報告義務はありませんが、念のため確認することをおすすめします。

不動産用語特集

不動産に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。072-647-6179年中無休/受付時間 9:00-22:00(メール:24時間受付)

お問い合わせはこちら年中無休/9:00-22:00